【ネイティブ広告徹底理解】レコメンドウィジェット型とは?


ネイティブ広告という言葉を聞いたことがありますか?

近年注目を集めているネット広告の手法です。

SNSの投稿や、ニュースサイトの記事を読んでいたと思っていいたら、実はそれは広告だった!ということが最近増えましたよね。
このようにコンテンツの中に”自然に”入り込んでいるように見せる広告をネイティブ広告といいます。

広告感を出さずにユーザーに広告を見せるとこができるため、表示された広告が素通りされてしまう可能性を軽減できます。

ただし、広告感を出さないといってもよく見ると「PR」や「広告」と明記されているのでサクラサイトの類ではありません。

今回は、そのネイティブ広告の1形態・レコメンドウィジェット型を紹介します。

 

レコメンドウィジェット型

レコメンドウィジェット型の広告とは、ブログパーツやスマホのニュースアプリなどでよく見られるものです。

「おすすめの記事」や「関連する記事」と表示される枠が、記事を読み切った最下部にあり、その中に広告も混じっている場合がありますよね。

このようにフィード内ではなく、「レコメンド枠」と呼ばれる別枠に設置されているものをレコメンドウィジェット型のネイティブ広告といいます。

 

レコメンドウィジェット型ネイティブ広告のメリット

 

良質なユーザーを確保できる

ニュースサイトの特定の記事を最後まで読んだ人が対象になるため、「関連記事に興味をもっている」という、明確なターゲットにアプローチすることが可能です。

また、記事の下部にあるということは、
「ニュースを最後まで読み切る」という行動を頻繁に行う人が、
「次にどの記事を読もうかな…?」と記事をあさるタイミングで表示させることができるということです。

このように、広告するコンテンツの関連記事に興味を持った人に効率よく広告を見せ、クリック数を多く集めることができます。

 

レコメンドウィジェット型ネイティブ広告のデメリット

 

高い更新頻度が必要

数秒単位で配信されるニュースと同列に表示される以上、広告自体も見飽きられてしまわないようにある程度の更新頻度が必要です。

従来型のネット広告手法よりも、まめに広告を修正・更新していく必要があります。

 

 

レコメンドウィジェット型の広告は、コンテンツの中身を具体的に対応させることができるため、効率のよい集客が可能です。

特に、コンテンツSEOの施策をとっている人であれば、比較的手間なく広告を出稿することができるため、おすすめの手法になります。
ぜひ導入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)