【ネイティブ広告徹底理解!】インフィード型とは?


ネイティブ広告という言葉を聞いたことがありますか?

移り変わりの激しいネット業界の中で、近年注目を集めている広告手法です。
SNSの投稿や、ニュースサイトの記事を読んでいたと思っていいたら、実はそれは広告だった!という経験はないでしょうか。

このようにコンテンツの中に”自然に”入り込んでいるように見せる広告をネイティブ広告といいます。
広告感を出さずにユーザーに広告を見せるとこができるため、
より多くのユーザーに広告に目を留めさせることができることが、流行の要因でしょう。

ただし、広告感を出さないといってもよく見ると「PR」や「広告」と明記されているのでサクラサイトの類とは違います。

今回は、そのネイティブ広告の1形態を紹介します。

 

インフィード型

インフィード型の広告とは、Webサイトや、アプリ内の「コンテンツ同士の間にある広告」です。
SNSの投稿間の広告や、ニュースアプリ、キュレーションメディア等でよく見かけます。

 

インフィード型ネイティブ広告のメリット

 

スマホユーザーに最適化

インフィード型の広告は、画面を上から下にスクロールすることの多いスマートフォンのアプリに最適な手法です。

ユーザーの視線が最も集まる記事(or投稿)コンテンツと同化することで、広告枠を毛嫌いするユーザーに対しても広告を視認させることができます。

 

リーズナブルな広告料!

FacebookやTwitterなどのSNSや、ニュースアプリ等に出稿する広告はその料金の安さが非常に魅力的です。
従来のリスティング広告やバナー広告よりも格段に安い価格設定で、もちろんクリック従量課金(クリックされた分にだけ料金が発生)になります。

 

インフィード型ネイティブ広告のデメリット

 

高い更新頻度が必要

SNSやニュースアプリ、キュレーションメディアの中に馴染んでしまうということは、広告自体もその更新頻度に追いついていかなければ見飽きられてしまいますよね。
従来型のネット広告手法よりも、まめに広告を修正・更新していく必要があります。

 

ばれると悪印象につながる恐れ

メインコンテンツだと思っていたら実は広告だったと気づいたとき、ユーザーによっては騙されたと思い、悪印象を与えてしまうかもしれません。

 

このように、インフィード型の広告はスマホ時代に適応した、流行の広告手法です!
ぜひ導入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)