リスティング広告の仕組み【カンタン解説】


リスティング広告とは

今回は、リスティング広告の特徴について、説明します。
ネット広告の代名詞ともいえるこの広告手法の裏側を勉強してみましょう!

リスティング広告とは、検索キーワード単位で表示される広告で、GoogleやYahoo! Japanなど検索エンジンの画面上に表示されます。
特定の検索キーワードを指定しておくことで、該当する検索がなされたときに優先的に広告が表示される仕組みになっています。


掲載方法

リスティング広告は上の画像からも分かるように、検索エンジンを媒体としています。なので、なるべく利用者の多い検索エンジンを選らんで広告を出すほうが効率的です。

日本では、やはり「Yahoo! Japan」と「Google」が検索エンジンとして非常に利用者が多いので、
Yahooの「Yahoo!プロモーション広告」Googleの「GoogleAdWords」をチェックすればよいでしょう。


料金仕様

リスティング広告の料金体系は、クリック課金制・入札方式が一般的です。

  1. 広告を表示させるとき:「入札方式」


    リスティング広告は、最低入札価格以上で入札することで表示されます。
    最低入札価格は1円から9999円の間で、オークションのように各キーワードの入札者数の多寡などによって変わります。

    しかしオークションとは違い、最高値で落札した人だけが広告を貼れる…なんてことはなく、いくらで入札しても広告自体は表示されます。
    では、異なるのは何かというと、ズバリ「広告掲載順位」です!
    もちろん高額で入札した広告ほど上位に表示される可能性が高いです。

  2. 広告表示以降:「クリック課金制」


    クリック課金制の広告は、広告がクリックされたときはじめて料金が発生します。実際には、「『1クリックあたりの料金』×『クリック数』」分の料金が請求されます。


広告掲載順位の決まり方

広告の掲載順位は「入札価格」×「広告の品質」で決まります。
広告の品質とは、クリック率などから導き出されます。

入札の際にただ高い金額を払うだけではなく、ユーザーにクリックしてもらえるような高品質の広告でなければ、上位表示には至らないということですね。


リスティング広告のメリット


①ターゲット層が明確

検索キーワードで広告表示を指定するので、広告のターゲットが明確になります。

例えば、「〇〇」というキーワードに対して設定されるリスティング広告は、
「〇〇」というキーワードで検索をかけたユーザー、つまり「〇〇」についての情報を欲しているユーザーだけ表示されます。
ピンポイントな広告表示が可能なため、効率的に広告を表示させることができます。

②コストパフォーマンス良い

ターゲットを絞っているために、確度の低いユーザーにも広告が表示されてしまう費用を抑えることができます。
更にクリック課金制では、広告が踏まれない限り、料金はかかりません。
よってコストパフォーマンスの高い広告手法と言えます。

リスティング広告のデメリット


①広告が表示される機会が少ない


ターゲット絞っている以上、リスティング広告は、広く一般的なユーザーへ商品を認知させる目的には不向きです。


②順位上昇対策が必要、キーワードによっては単価高騰

広告順位を上げるためには「入札価格」と「広告の品質」がともに高くならなくてはなりません。
人気のキーワードが出稿対象となる場合は入札価格が高騰する場合もありますし、
広告の品質を決める、クリック率の改善を行うには、日ごろから地道な効果検証をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)