【カンタン解説】Facebook広告の特徴


Facebook広告とは

Facebookのタイムラインにたまに流れてくる広告ってありますよね。それが今回紹介するFacebook広告です。
全世界で14億人、日本だけでも2600万人が利用しているという巨大なSNSのなかに効率的に広告を打てるネット広告です!


掲載方法

facebookの次の画面から広告のページに遷移することができます。
右端のメニューを開き、「広告を掲載する」をクリックします。
また、https://www.facebook.com/business/ より、Facebook広告の詳細について確認することができます。



料金仕様

Facebook広告の料金仕様は、クリック課金制です。したがって、広告表示そのものではなく、広告がクリックされたときはじめて料金が発生する仕組みになっています
実際には、「『1クリックあたりの料金』×『クリック数』」分の料金を支払うことになります。

クリック課金制だと、リスティング広告と同様ですが、Facebook広告の強みは、まさに価格帯にあります。
代表的なネット広告手法となり、キーワードによっては単価の高騰もしているリスティング広告に比べ、Facebook広告は格段にクリック単価が安いのが特徴です。(1クリック当たり数円~数十円ほど)
具体的な価格差はキーワードによって異なりますが、Google Adwordsなどを使っている方がいれば、是非価格を比較してみてください!


Facebook広告のメリット


精度の高いターゲティング

Facebookに登録するときに、どのような情報を入力しましたか?本名、性別、生年月日、出身地、学歴、職歴、、、数え上げればきりがないですね。さらに今までしてきた「いいね」の傾向などからわかる嗜好性まで、あなたの個人情報はFacebookに筒抜けです。笑

その膨大な情報をもとにFacebookが関連性があると示したユーザーにターゲットを絞って広告を打てます。そのターゲティング精度の高さは非常に信頼性がありますね。

費用対効果バツグン

非常に精密なターゲティング×安価なクリック単価がもたらすものといえば、非常に効率的な広告配信以外にはありません。非常にコストパフォーマンスの高い広告手法と言えます。

Facebook広告のデメリット

Facebookユーザーが母数となる

確かに世界トップクラスのSNSですが、やはり検索エンジンなどに比べると、利用者数は限りがあります。また広告する商品がFacebook利用者層とずれる場合にはあまり効果的とはいえないでしょう。
またターゲティング精度が高いということは、より表示される対象ユーザーが少ないということになります。

Facebookユーザーにとって訴求力の高い商品であれば、非常に能率の高い広告手法となりえますので、是非導入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)